長崎での離婚相談、婚約破棄、慰謝料、養育費の悩みは、一人悩まず、離婚相談サイト・離婚相談長崎の無料相談を活用下さい

財産分与とは

:3780 :1 :0

財産分与とは 

財産分与(年金分割を含む)

  • 婚姻期間に夫婦で築き上げた財産の清算です。離婚原因を作った側からの請求も当然の権利として可能です。専業主婦であっても内助の功として財産形成に寄与していますから当然に請求できますが、結婚前からの片方の財産や相続によって片方が取得した財産は、固有の財産ですので対象外にまります。


財産分与を決めずに離婚するのは非常に危険

  • 離婚から2年を過ぎると請求できなくなる(除斥期間)だけでなく、離婚時にあったはずの財産が転売されたり消費されたりする危険があります。消費されてなくなったものは請求困難ですし第三者に渡った財産は、取り戻すことが出来ません。
  • 離婚後も2年以内であれば請求することは可能ですが、離婚当時の状態で残っているとは限りませんので、離婚届前に取り決めることをお勧めします。


裁判所の動向

  • 近年、専業主婦に対しても半分に近い按分割合が認められてきています。
    あくまで判決の話ですから協議離婚に関しては、双方で合意ができれば自由に決めることができます。
  • ただ、もめる場合は判例や事例に近い条件でなければ相手方も譲らないのが普通ですから、判例は間接的に協議離婚にも影響しています。

powered by Quick Homepage Maker 4.23
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional